イベント業界について

今後も飛躍することが期待される

イベント業界について
日本人だけでなく世界各国で暮らす人にとってもイベントが開催されることでテンションがアップし、日々のストレス解消にも役立つものです。
全国各地で様々なイベントが実施されている中で市場規模を確認してみると、平成25年の発表では15兆円を超える見込みと試算されました。
この中で最も大きなものが興行イベントで、次いでスポーツイベントやフェスティバルなども推計に含まれています。

これから東京五輪が開催されるのにあたり更に市場規模が大きくなるのではないかと言われています。
イベントの際には積極的に消費をしたいと意識する方も多いので、魅力的なイベントを開催するほど市場規模の拡大が期待できます。

独自に策定されたシステム

イベント業界の持続可能性を支持するという役割のために定められたシステムがISO20121です。
ISO20121の大きなメリットは、あらかじめ決まっている予算の範囲内で持続できるパフォーマンスを高めるという役割を果たしています。
また、限り有る自然を高めることができるので、無駄使いを徹底的に削減して資源効率を高めるために活躍できます。
他にも積極的に地域社会へ参加することで公平に雇用する機会を改善する目的や、様々な環境問題などに対する悪影響を極力少なくすることも可能です。

ISO20121は2012年に行われたロンドン五輪や世界トライアスロンの横浜大会でも無事に取得できました。
日本の場合は2020年に東京五輪の開催を控えているため、ISO20121の取得も検討していると予測できます。
国際的にも大きなイベントが開催される場合には国際規格として有名なISO20121を積極的に取得したいとする動きが増えると予想できます。

まず審査を行なう場合には現状調査を行って受審準備ができているか確認をとります。
申し込み後に現場へ直接訪問されるという流れになりますが、この段階で規格の要求事項に対してしっかり理解をしているのか、要求事項を満たすための進捗状況はどうなのかなどを確認します。

本審査では2回目の現場訪問を行なうことで情報や証拠をしっかり分析してから認証要求事項が満たされているかを確認します。
この結果を踏まえて改善すべき点はしっかり提案してくれるのであまり心配しなくても大丈夫です。

最終的なテーマ審査では承認を受けたマネジメント・システムがきちんと維持されるように努力することも必要になります。
何度か訪問が行われますが、定期的に実施されるのが特徴です。
将来に向けて柔軟なプランを用意しなければいけませんが、その都度確認をしながら修正をしながら新しいテーマを取り入れるなどの試行錯誤を行いながらより良い結果が生まれるように努力しなければいけません。