ゲーム業界について

時代によって変わりやすい業界

ゲーム業界について
日本が世界に誇る大きな娯楽産業がゲーム業界です。
以前はゲームといえば家庭用ゲーム機が主流でしたが、外出先にも携帯できるコンパクトなゲーム機が登場したりして様々なゲームがヒットしました。
現在はインターネットを活用したオンラインゲームに人気が集中しており、特にスマートフォンを利用するゲームが支持されています。
時代の流れによって媒体が変わり、ゲームの内容も複雑で難易度も高くなっていますが、どの世代にも親しまれるゲームを開発するという楽しみがあります。

ゲーム業界の実態

ゲーム業界で仕事に従事している人の多くは残業を経験しています。
特に提出期限が近づいてきてもまだ煮詰まっている状況であれば、会社に泊まりこみをしながら仕事をする事例もあります。
残業どころか、家に戻れないような日々が続いて心身ともにグッタリする人もいます。
場合によっては休日も取れず、しばらく働き詰めになる事もあります。

他の業種と比較するとかなり過酷な仕事だと感じられますが、仕事に対して責任感が強い人が多いことと、ゲームの開発に携わることが好きでやり甲斐を感じている人が多いという特徴があります。
責任感が無ければ残業をする気も起きませんし、休日返上で仕事をするという気持ちにもなれません。
理想的なゲームを作り、世に出して多くの人に支持されるという喜びを一度味わうと、また良いゲームを作りたいという欲求が生まれるためやり甲斐を持って仕事ができるのです。

ゲーム業界の待遇

ゲームの開発に携わり、大ヒット作を生み出したという場合には待遇もかなり良くなると考えられますが、ゲーム開発に携わった一人という立場の場合は待遇が良いとは決して言えません。
年収では200~400万円台なので決して多い金額とは言えません。
大ヒットを生み出した立役者になった場合には月収だけでも100万円近くになる人も存在しています。
将来的には大ヒット作を生み出す人物になることも期待できますが、入社してすぐにそのような立場になる可能性は決して高くないので、下積み経験を経る意気込みが重要です。

ゲーム業界への就職情報

ゲーム業界では様々な職種によって異なる仕事を担当することになりますが、肝心なのは商品開発に直接携わるプログラマーやデザイナー、サウンドクリエイターなどです。
これらの仕事に従事したいという場合には未経験では就職が難しいため、専門性の高いスキルを習得するために専門学校などでしっかり勉強しておくことが大切です。
新卒で就活をする方、他の会社へ転職する方に限らず最低限のスキルを習得しておけば未経験の人よりも明らかに有利です。
仕事が辛くて転職を決意する人も多いのであらかじめ覚悟を決めてから就活することをおすすめします。