漁船業界について

造船業界について

先行きは不透明な状況 造船業界の業績を確認してみると、平成17年から20年までは増え続けていましたが、平成21年から減少しており平成25年から更に増加へと上向き加減になっています。 一見すると良い傾向に感じられますが、ま […]

金属業界について

金属業界について

様々な変化に対応することが大事 時代の流れと共に経済状況は変化し続けており、金属業界についても市場のニーズも影響して常に変化をしている状況です。 今後はあらゆる変化が訪れても柔軟に対応することが大事だとされています。 非 […]

プラスチック製造業界について

プラスチック製造業界について

従来とは違った動向も プラスチック製品製造業界の市場規模は平成17年以降を確認すると10兆円を超えており、一時期は12兆円を超えてから減少しましたが、その後平成26年には11兆円を超える規模まで回復しています。 プラスチ […]

インテリア業界について

インテリア業界について

顧客の二極化 インテリア業界では現在顧客の二極化があります。 主に、大量生産をして安い価格で販売するお店と、職人さんが作った家具やブランド品などを扱うお店に分かれています。 最近では、安価なお店が人気の傾向があります。 […]

印刷業界について

印刷業界について

苦しい状況からの脱出の鍵は新しいニーズへの対応 印刷業界は、PCが一般家庭で使用されるようになってきて以来「いつか潰れる」と何度も言われ続けてきた分野といえるでしょう。 ペーパーレス時代の到来で、本や雑誌といった書籍関連 […]

ソフトウェア業界について

ソフトウェア業界について

かつての最先端分野も一段落 ソフトウェア業界といえば、かつては伸び盛りのIT業界の基幹部分を支える最先端の仕事というイメージもありました。 一方で、納期に追われて就業時間・残業が長く劣悪な環境を強いられてしまう、いわゆる […]

携帯電話業界について

携帯電話業界について

スマートフォンの台頭 ここ数年出荷台数が減少していた携帯電話市場ですが、スマートフォンの台頭によって、急速に市場の活気が戻りつつあります。 これまで電話とメールのみが携帯電話の主要な機能でしたが、インターネットが便利に使 […]

家電量販店の激化について

家電量販店業界について

競争の激化 地上派デジタルへの以降、エコポイント制度の実施など、家電量販店の目玉となるセールが一段落しつつありますが、一時期大規模に行われた企業合併といった企業再編が落ち着きつつあります。 今まで、家電量販店といえば、郊 […]

自動車業界について

自動車業界について

大不況の波 長年日本の輸出産業を牽引してきた自動車業界ですが、ここにきて大不況の波がやってきているといっても過言ではありません。 国内市場は若者のマイカー離れや長引く不況によって売り上げ不振は長いこと続いています。 エコ […]

半導体業界について

業界の動向 価格競争の激しい半導体業界で、国内企業も再編を余技なくされてきています。 この背景にはアメリカだけでなく、台湾、中国、韓国の大規模投資によるシェア拡大を狙った経営戦略が日本企業に影を落としているといわざるをえ […]